« ハトゥンウーマ南壁登攀 | トップページ | BCからパンパカンチャPampacanchaへ »

2005年6月23日 (木)

ハトゥンウーマ敗退

6/23ハトゥンウーマ敗退

ぐっどもーにーん!
HOTEL大明でっせー!pent_035031
6:26スープおじやの朝飯
二人とも食欲はあります
水筒(ペットボトルだけど)に水入れて

「昨日のピッチの先あかんかったら撤退やで」
昨夜結構寝れんかった
ってのは・・・
ハーケン4本、スノーバー2本、スクリュー6本
あんまり氷が無かったのでスクリューで懸垂支点作れそうにないし
ハーケン1本で降りるコンジョー無いんで(1本だと抜けるやん?)
ハーケンだと二回しか懸垂下降できない計算
結構各ピッチ目いっぱい伸ばしてるので
6回の懸垂、つまり6箇所の懸垂下降支点を作る必要があるんです
結構ギリギリの線、手持ちのギアじゃ
昨日の登ってきた道筋ばっかプレイバック
あ、夜中レシプロエンジンの戦闘機のよーな音が
ブーーーーーン!
これ落石の音です
たぶん板状のデカイ落石が回転しながら落ちていったと推定
あとは通常のヒューーーーーン!ってのが数回
「おいSマン、ここにテント張ってよかったやろ
落石関係無いし
やっぱオレって天才!」
ただテント場決めただけなのに朝っぱらからクダラン自慢する大明も性格が良い
しっかし岩陰でなかったら死んでますな、確実

ってことで今日は空荷で7P目登攀
ロープの都合でSマンが昨日の到達地点まで登り返し
8:06
大明猿回し「Sマンどないやー!」pent_037
Sマン猿「タイメーさん んーっと
どっちかっていうとー
登りたくないよーなー」
大明「ってなにがどーなってんねん?」
Sマン「スラブとベルクラですー」
大明「降りヨ!」
(ベルクラ:岩に付いた氷 薄くコーティングされた場合を指す)

懸垂一回目
pent_093支点は7P目の最後にある氷の柱(在ってよかったっす)
ただし幅30cm厚さ10cm
支点一個ケチれました 
ラッキー!

二回目はスノーバーで支点作って一人が懸垂下降
pent_038ロープいっぱいになったらそこでスノーバー設置
上の人間がスノーバー抜いて後ろ向きクライムダウン
これで支点二個目セーブ!

懸垂途中でチャンチャラ音楽が流れてきて
(チャンチャラ音楽:ペルー片田舎で好まれる世界1ワンパターンな音楽
一部の暴言者は音楽とは認めがたいとか言います
天童よしみがミニマムミュージックとコラポしたって感じ
タイメーはこれが苦手、ホント苦手
カセット・CDのジャケットも凄いのが多い
ぴんから兄弟って分かるかなー?)
「ついにオツムイカレたかなー?」(元からでしょ?ってのは無シネ)
岩壁の下見たら赤い米粒が
アリエロのおっさんが見物に来てます

三回目はスクリュー一個残置とアバラコフpent_044
(アバラコフ:氷に二箇所から穴を開けそこにヒモを通して支点にする 実は良く効く)

四回目はスノーバーで支点作ってクライムダウンpent_095

五回目はアバラコフ二個pent_096

六回目がハーケン一個とスノーバー一個残置pent_081

11:10これで二人とも無事生還できましたpent_087
メデタシメデタシ

昨日の激シンドかった1P目がだいぶ新雪で埋まってきてるのがムカつく

11:42 アイゼン脱いでモレーンをBCへ出発
ギア満載なのでリュックが重い
で大明ヨレて転倒
実は一泊二日で結構カラダにキてます
アリエロのおっさんがリュック交換してくれました
大感謝染み入ります
チャンチャラ大好き(ウソ!)

モレーン歩きしながら
何度も何度も敗退した岩壁を振り返るのがセイシュンの定番
泣きはせんかったけど笑う気にもならんかった

途中で構造土Frost heave発見!pent_100
ペルーで初めて
んなもん見つけんンでもえーんですけどね

13:06 BCに到着
疲れたーーーー!

疲れたけど装備の天日乾しpent_111

バイルの刃はまん丸っす!pent_118

オヤツ昼飯作ってもらって即昼寝

晩飯にはアダルトS水が
「タイメーさん、なんかメデタイことあったらこれ食ってください」
って出発前に渡してくれたオニシのアルファ米赤飯を食いマシタpent_124
登攀成功んときって言わなかったアダルトの思慮深いお言葉
さすがアダルトって食いながら思い出しました
めっちゃ旨かった
二人共無傷で生きてるんだしメデタイとホント思う

コシネロさん
この赤飯がオカズだと誤解してまして
この日の晩飯はこの赤飯となんと!白米
Sマンは白米に残ってたごま塩振りかけて食ってたなー

爆眠!

|

« ハトゥンウーマ南壁登攀 | トップページ | BCからパンパカンチャPampacanchaへ »

ハトゥンウーマ」カテゴリの記事

コメント

人生、目標がなくなったら終わりです。私なんかジョラスのウォーカー稜登るだけで4回も通いましたがな!生きてりゃ、次ありまっさ(^^)

投稿: jugemu | 2005年6月30日 (木) 11時44分

この記事へのコメントは終了しました。

« ハトゥンウーマ南壁登攀 | トップページ | BCからパンパカンチャPampacanchaへ »