« Isinca山行の食料 | トップページ | 満腹なレスト日 »

2005年6月10日 (金)

イシンカ大騒動順応登山

イシンカ大騒動順応登山

6/7から6/9の二泊三日でイシンカIsinca5530mに行ってきました

前日から大暗雲
まず今回の新兵器携帯が通じない
6/6朝のバスでリマ→ワラスに移動のはずの、Yなり君(USAシアトルからの合流)
旅行会社が間違った出発時間を教えて乗り遅れ…
にゃんと当日6/7朝6:00ワラス着になってしまった
これってもともとビッチビチの行程なのに
殺人的強行軍になってしまった…
せめて3000mのワラスで一泊させたかった、マジ

6/7 朝6:00バス発着所(クルスデルソル)にYなり君を迎えに行く
「久しぶりー」
で彼の荷物の受け取りの段になって
「荷物が無い!!」
なーんと別のバスに載って遠くへ行ってしまってるんだって
マジかよー!?
こんなことでイシンカ行きを断念させる訳にはいかんし
必要なもので今彼に無いもの、
寝袋・テントマット・ストックをトレッキングエージェンシーに借りることに
まあ、あとコマゴマしたもんは大明とSマンのスペアでなんとかなるし
これだけで話済んだと思ったらまだあって
今日のトレッキングの人数が二名だと伝わってて・・・
ちゃんと言ったはずだけど伝わってないのは私のチョンボ
コシネロ(コックさん)のカルロスとマックスは大慌て
急遽メルカドに寄って食いもんを買い足し
キャホー!

でVAMOS!
十分疲れた・・・

08:45チャーターした車でメルカド(市場)から出発!
09:50コロンCollon3350m着
まだ車道が先にあるし2年前はもっと奥まで行った記憶が
乾季になってまだ間がないので道路の補修が未だだっただけでした
Pashpaの公園入り口3400m通過
あー懐かしい(年老いたってことデス)

12:37国立公園のチェックポスト風4010mはだーれも居なくって素通り

13:07一昨年その大ボルダーぶりに大興奮したボルダーエリア着4100m
pent_088 やっぱスゲー!ここスゲー!
CRUXのGさん、髪の毛いじってないでここに来ればよかったのに
何度も何度も宣伝したのにだーれも来なかった世界有数のボルダー天国
と言いつつ我々も見るだけ
捻挫怖い、チキンですんません

14:52イシンカキャンプ4350m着
pent_129 カルロスは先に着いて食堂テントを設営してます
食堂テントデッケー!
オートキャンプ用の家型です
で、中には土足で入ります
中にはテーブルと椅子
んーお金はケチらん方が良いです
ガスもプロパンだし

お茶戴いてキューケー
Yなり君が頭痛を訴えてます
そりゃソーだ!
飛行機でリマに着いて翌日の夜行バスで3000mの町に着いたと思ったら
速効でトレッキング開始だもんなー
どんだけバカな秘境ツアー会社でもやらん強行軍

鬼のタイメー
「あと5分でハイキイング出発やで、手ぶらでヘッドランプだけ持って」

近所で標高差160mのところまでハイクアップしました
鬼なのでちょいシンドイだけでは許しません
酸素飽和度と心拍数をチェックして心拍が上がらなければヤバイ
心拍数が激シンドそうなとこで勘弁したげました

17:43 今から始まる夕日が素晴らしい
10分間だけのイシンカ谷絵画展
pent_155 みんなに見せたい
贅沢な食前酒(ノンアルコールだけど)

18;01晩飯はサイコー
まずスープが絶品
かぼちゃのポタージュなんですがなんとも美味しい
またまた2年前の思い出がどーだコーダ言ってもしゃーないんだけど、
あんときもスープでKOされた記憶あり
ホンマ美味しい
ニンニクとコリアンダーとががっつりと効いてます
それとでっかい黄色い西洋かぼちゃとがドエラク合う
それだけで幸福なのに主菜も当然美味しい
鳥のシチュー風とご飯
pent_169 日本でのクソみたいな山飯とまったく別もん
「どや?美味いやろー最高やろー」
と関係ないのに大明大自慢(アホや)

6/8 
4:00起床
パンとシリアル+ヨーグルトとお茶のカンタン朝食
お茶(水分)多い目に飲んでもらって
5:00さあイシンカへ出発
Yなり君昨日からの頭痛が消えず
足取りはイマイチ
休み休み登ってたけど飽和度は当然低いけど心拍数が上がらず
7:05「ヤバイってことで」
pent_195 4700mで大休憩してから降りてもらいました

分岐があったけどSマンと二人ってことでややムズイ系のルートに変更

08:13 5000m雪線着
アイゼン装着
大明:両手ストック Sマン:ピッケル1本
30度程度の締まった雪斜面を登る
欧米人の登攀者は異常に朝早いです
もう数名はるか先登ってるのがいます
真っ暗なうちに登るのがよっぽど好きみたい
まあこれはヨーロッパアルプスの流儀なのかもしれないですが・・・
意味ネェー!

我々の体調は?ってーと
大明:2年前より大分楽
Sマン:見た目まあ順調

pent_212って言ってもシンドイ登山です5500mもあれば

チンタラ登っていても結構我々に抜かされる人も居て
10:25なんだかんだで最後の雪壁到着
前のペアは先頭がロープ垂らしてダブルアックスで上まで
セカンドのにーちゃんが確保してもらって登っています
私の両手にはストックだけ
愛用のピッケル類ははるかベースキャンプで寝てます
ま、不要だと思ってたし(記憶力減退)
ここで敗退はごっつカッコ悪い
こんな山で滑落死は練炭自殺よりもカッコ悪い
pent_191 涙拭きながら登りましたダ
得意の「ここは平地、足元は地面」作戦で、
下見ない君に徹しました
あーーーーー!怖かった、マジ怖かった
いやーピッケルって偉大です

10:45頂上着pent_194
絶景だけどストックだけじゃイヤ!
頂上の大雪尻(セッピ:白馬の一部じゃこう書くんだってヨ)を超えれば
楽チンバカ尾根
雪庇(これがフツー)の一部削ってくれてましてですねー
そっからクライムダウン(手袋アイゼン)pent_196
安定した場所なのでここで休憩
「頂上で2時間は居ような」って言ってたのに
30分も経たないうちにタイメーが
「退屈したもう降りようや」
結局ガマンして1時間とどまってから下山へ
12:31雪線下端到着
アイゼンを外す
こっからが下手すりゃ核心で
pent_256ガッラガラの巨礫やボロボロの崩壊地をクネクネ下っていきます
13:35エンドモレーンキャンプ通過
ここに結構高級風なグループがキャンプ張ってました
14:25 イシンカキャンプ着
あーくたびれた・・・

先に帰らせたYなり君がケロリとしてて一安心
いやー事がコトになってたら
パタゴニアでも逃げないとマズカッたやろなー
pent_288虫養いにトリと豆主体のサラダ出してくれて
イヤーこれがまたあっさりしてて美味しい

17:50 夕食
スープはセロリの効いたポタージュ
これまた絶品
で主菜はスパゲッティミートソース
食材買いにいったときから予測してたとーりマズイ
ここって4400mだもん
圧力なべで湯掻いてもパスタ物はダメですねー
やっぱ標高2600m限界説は正しいと思う
(6/5にワラスで食ったパスタは例外、あの店の秘密が知りたい)

6/9

朝はゆっくり
pent_326結構冷え込んであたり一面真っ白の霜
テント内側の結露も凍りました

08:00朝飯は待望のパンケーキ
パンじゃないだけでうれしい
マーガリン(バターにしてほしかった)と蜂蜜たっぷり塗って
焼き上がるの三人が順番に待ってるのも風情です

ワラスで買うパンは例外なく不味い
まあ焼いてから数日後に食ってる訳だし
そりゃ不味くはなってるはずだけど、ブツブツ

テントをうらおもて太陽で乾かして
ついでに人間も日光浴
お隣のテントの欧米人が強そうなクライマー
とってもよい感じのプロガイドさんでした
pent_343 トクヤラフ西面をソロするんだそうです

10:12渋い渋いアリエロさんと下山出発

同じ道でも歩く方向が違うとまた感じが変わります
pent_384 Taimei stone と名づけたでかい名ボルダーですが
上流側に氷河の擦過痕がありましたpent_386

13:33公園入り口通過

pent_450ラベンダーみたいな綺麗なお花畑(明らかに畑)
近づいて見たら豆でした

13:54コロンCollon3350m着ソランディーノの車が迎えにきてました
即出発

厚かましくも
「帰り道なんでモントレーの温泉寄ってもらえません?」

14:33モントレーの温泉着
pent_477 一人3ソルで個室の浴槽

待たせたら悪いんで特急で入浴
まあ湯船浸かったの6/1のリマ以来

15:30ホテル着

無事順応登山第一弾終えました
んー楽しかった美味しかった

|

« Isinca山行の食料 | トップページ | 満腹なレスト日 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

 Ishincaお疲れさんでした。次はVallunarajuですか?

投稿: jaras | 2005年6月11日 (土) 07時56分

めっちゃかっこいいですやん、やまが!!!
なんか、地層みたいになってる雪とか夕方の様子とか。いいですね~。行ってみたい!!

投稿: meimei | 2005年6月11日 (土) 16時54分

漢字は読めないので、写真の更新を楽しみにしています。「うぉー!すっげぇー!」と申しております。

投稿: むらさめ_ゆうま_adachi-kanazawa | 2005年6月13日 (月) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イシンカ大騒動順応登山:

« Isinca山行の食料 | トップページ | 満腹なレスト日 »