« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

2008年10月31日 (金)

神々しい写真のプリント

神々しい写真のプリント

写真をプレゼントするって約束したんで
DPE屋さんへ
011
車まで花の首飾りだーー

ASIAN TEA HOUSEの主人曰く
「レイクサイドは写真プリント10RS以上で高いけど
町に行けば一枚4RSだよ」
ってことで

まずレイクサイドで聞いたら
たしかに15RS
一枚23円は高い!
日本のプリント代なんかもう知らないけど
たぶん10円ぐらいだと思う
てことは7RSぐらいか?

一軒目
フォトコピーっていわゆるコピー屋さんのことなのね?
アホなので一軒目に断わられて気がついた
でも額縁付きの写真ゴッテリ飾ってるんでDPE屋に思えるんですよねー

でやっと写真屋
「一枚10RSです」
高いなー
んで写真がちょっとデカイ
縁なしで10×15cm
「もっと小さくてよいんでチーパーなのは?」
って規格なのでこれよか小さいのは無いし
ポカラ中同じ値段って言われた

でもレイクサイドで15RSだったんだし
値段が違ってるわけだもん
安いとこもあるやもしれん

茶屋で休憩
お茶とサモサ2個と
ジャガイモシチュー小さい皿
028
で店の少年は20RSって言ったのに
主人に50渡したらお釣りが20RS
「どないなってます?
10RS頂戴」って言ったら
3RSのお釣り
27RSってことでした

テクテク歩く
でもシャッター閉まってる店多いなー
金曜って休む店が多いみたい

であと一軒聞いて
値段一緒だったので
ポカラ銀座で頼みました
(Shiddartha Chowkから東へ Seti川までを命名)
043_2
1枚やっぱ10RS これを23枚で230RS
村の青少年たちがダンス踊ってくれた集合写真が
20×25cmで150RS
合計380RS

いつできます?
って聞いたら5時って返事
もっと早くしてちょうだい
って頼んで4時って返事

2時間の散歩強要されました

果物マーケット(Shiddartha Chowk南)見てたら
太ったオバチャンにいきなり
045
切ったリンゴ突き出されておもわずパクリっ
で、美味しい
レイクサイドのリンゴってなんなんだヨー?
「ハーフキロ頂戴
おいくら?」
80RS
黄色い小さなリンゴ4個でした
でバナナも買うかな?
なーんて思ってたら日本語で話しかけられた
日本語勉強中の学生君二人連れ
礼儀正しかったです
バナナは一房単位なんですが
モンキーと違うんで16本も買うと
昼飯がバナナになってしまう
なので半分にしてもらった20RS
つまりデカイバナナは16本で40RSが正規値段

ポカラ銀座は人通りが多いです
ギクっとする美人もいれば
どーしよーもないパッパラパーもいます
ストリートファッションの少年も睨んでるし
107
で路上のオバチャンが元気に野菜や果物売ってます
百貨店風に入ってみたけど
全くおもろくない
冷房が入ってたよーな気がするけど(ネパール初)

銀座の貴金属店見たら
金細工が主流
で銀の細工ものは
スゲ精密
値段聞きたかったけど
上客に忙しくてタオル頭に巻いた怪しげな短パンは
無視られてしまった
そりゃソーだ

スケッチブックらしきもの購入
たった50RSだった
スケッチブックって
スケッチもするけど
説明したり
メモったり
簡単な図描いておいたり
フィールドノート化してきてます
だから重要

そろそろポカラも歩き尽くしたかもしれん
092
映画館発見
激しく入りたくなった
英語の字幕あれば入ってもえーけど
ヒンディー映画だと思うんで
ネパーリーの字幕だと厳しいもんがある
画面だけで楽しめるのは60分ぐらいが限界っぽいし
でも見たいなー

そろそろ時間なので写真屋さんへ
出来てます110

スンバラシー
そのままビニール袋入れて渡してくれそうになったんで
「ファイル頂戴よー」

帰り道我慢しきれなくって
木陰で写真集広げました
じーーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

ポカラ帰宅

ポカラ帰宅

27日夜に突如里帰りに誘われて
28日朝から今日30日夕方までポカラの郊外ってかド田舎に滞在して

ました

解説するといつもダルバート食べてる
レイクサイドでは1,2を争う安い店
27日夜いつものよーに
ガツガツとダルバート食べて
私「明日朝も来るよー」って言うと
ここの主人が
「明日はお店クローズよ」
私「えぇ?なんでーー?」
主人「山に行くんでね
一緒にくる?」
と軽い目に誘ってくれたので
一瞬で反応
私「行く!」

あとで聞いたら
すぐに「行く」って返事だったんで
ビックリしたんだそうです

あまりにも楽しくてしかもカルピス原液の濃さなので・・・
時系列で3日分書いて
あとは項目別に書かないとブログが電話帳になっちまう

とりあえず言えることは
たった3日間なのにランタンに匹敵する内容
R0014066
もうトレッキング行く必要が無くなったよーな気もします
って
毎朝 アンナプルナとマチャプチャレがガツンと見えたし
田舎の人との交流ってことでは
行きかう人とナマステどころのレベルじゃなかったし
ド田舎直球ど真ん中のプリミティブな農家に泊めてもらいました
まあお祭りの真っ最中だったので日常とは違うんだけど
そのお祭り真っ最中に闖入が許されたってことだけでも
ありがたかったし
ってほぼお祭りには参加させてもらった
今日は耳に油たらされて
眉間にカッコえー印つけてもらったし
花の首飾りかけてもらったときは涙落としそーになった(ウソ)
(たいがーすですし)
まるで夢のよーな3日間


旅行に成功・失敗があるのかどうか知らないけど
この旅行は大成功だったと既に言えそう
まだ帰国は先なんですけどねー

| | コメント (0)

ディタル村Dhital最後の日

ディタル村Dhital最後の日

実は一泊で帰ることになってました
昨日29日ポカラで日本から来る知り合いに会う約束だったし

ブッチしてしまった

でもあの雰囲気で帰るって言えないもんなー
「ノープロブレム」って家族に言ってしっまった
ってことでU島さまスミマセンでした

R0013941
村での最後の日がお祭りの最後の日でもあります

06:22 起きた
子供が増えてきて
誰が誰だかもうわからん

お祭り最後の日なので
特別にお菓子作ります

昨日玄米を製粉してた米粉
今日のためだったのね?
ロティRoti

鍋にマスタードオイル熱して
真ん中に真鍮のオチョコを置いて
米粉・水・砂糖・ギーの緩め生地を
クルッと手で一周落とします
R0013950
で、ころあい見て裏返し

お砂糖をまぶしてない
穴の大きなドーナツ

熱々を食べたけど
ジワっと美味しい
R0013982

あとプーリ(小麦粉のチャパティ揚げ)
とか揚げ物作ってました

今日はおじさんの庭先でセレモニー
R001403431
ここは牛を数頭 
羊を多く飼ってます

R0014062
すばらしいのが花の首飾り
きれいだわーー

んでまたもや牛のウンチで祭壇作り
当然GP Sharmaさんの役目

おじさんが羊連れて帰ってきたので

12:00 セレモニー開始
まず男性から
みんな上半身裸になって
耳にマスタードオイルをたらしこまれます
で全身にオイル塗ります
それからティカ
今日のは念入りで
R0014091
まずバナナの葉で作った型紙を眉間に当てて
そこに米粉溶いた白いドロドロを塗ります
そのあと
チョンチョンとカラフルな色を置いていきます
女性が男性にやってました
R0014095
私は美人のShiva夫人にきれいにティカしてもらって満足
Shivaさん曰く「これで君のシスターになった」
R0014112
あと女性陣が続いて男性にやってもらいました

12:43 昼ごはん
今日はハレの日なので
特別メニュー
お菓子主体
R0014122

あのロティとかの揚げ菓子
インド風甘い甘いお菓子とか
プーリも甘かった

そのあと子供にみんながお金をあげてます
裸のお札で

でもらったお金をまた人にあげたりしてます

オトナが子供に
それと
オトナがおばあさんやおじさんに渡してます
まお年玉みたいなもんかな?

13:52 さあ帰る時間戸締りしてR0014136

凄い旅行だった…

13:55 R0014140
お隣さんに挨拶寄って
帰り道は近道じゃなかったR0014149


もう一組と一緒に帰りました
行きかう人みんなティカしてます

R0014145
道路にお供えがあります

16:12 ミランチョックMIlanchok着
R0014198
タクシーで交渉難航
こんどはShiva一家のオトナ2 子供3
に名前聞いてない大人1 子供2が増えます

つまり私と運転手入れて
オトナ5 子供5ってことです
これが軽自動車に載れるんですよねー
ビックリ
前の助手席にShiva夫人が子供二人膝に載せて
R001420705
後ろは
オトナ3人がそれぞれ膝に子供載せて完成
すげーなー
4人乗りに10人かー

16:26 ASIAN TEA HOUSE着
ほんとに忘れられない旅になった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

夢のディタル村Dhital二日目

夢のディタル村Dhital二日目

06:40 うーむ(オームちゃうよ)眠い
R0013580
でもビンボ人なので早起き
最大の不安事項
結局ノミ・シラミ・ナンキン虫はセーフでした
ほんと布団ボロボロなんですけどねー
生地が破れて綿が出てきてます

この部屋だけで民博が喜ぶだろーなー

朝はカーーンッと晴れます
R0013590
山の風景はすばらしい

第二の不安事項
トイレですが
全くキレイ
トレッキングの簡易水洗風

お腹の調子はすこぶる良いです

主人の下の弟夫妻
奥さんが少女みたく若いんで
R0013606
「Really?」
って思わず聞いてしまった(スマソ)
R0013608_2
ここの子供も可愛い
(手前二人)
娘二人


子供たちを整理すると
長男(飯屋の主人Shiva)とこが
男子(マジメ 素直 頭よさそう)
女子(おすまし 親切 美人予備軍)
女子(甘えた 可愛い)

次男(神がかり)とこが
男子(チョーシこぐ 物欲しがり)
女子(静か)
女子(可愛い 媚がこの年なのに凄い)

三男(ヒゲ)とこが
女子(かわいー)
女子(男の子だと思ってた かわいーー)

ほんとビックリするほど可愛い
そっちの趣味は全く無いんだけど
こんだけ可愛いいとネコよか可愛いとまで思った

で朝寒いんでネコ代わりに膝に抱いてたら
懐かれてしまった

おやつの果物は庭から取ってきます
R0013654
なんと畦の木がグアバR0013656
柿の木とそっくり
子供たちがまた仲よし

昼ごはんの用意は
R0013664_2
畑と畦に生えてる草で間に合わせます
ナガナス

糸瓜
ギタ(ツルでなる硬いムカゴみたいなの

みんな大好きなブランコも畦の木

次男のGP Sharmaさん
今日は庭に神さま作成中
R0013697
材料はですねー
実は牛のウンチ

GP Sharmaさん
当然苗字Paudelが本名
Hari Paudelって名前
じゃGP Sharmaって芸名?
結構カリスマ性があるんで
ひょっとすりゃポカラのサイババになれるかも?
あ、サイババってこっちじゃまだ人気あります
って神様の位ですもん

GP Sharmaさん
右手の指の
人差し指第一関節から先
中指第二関節から先
が無いんですが
南インドに出稼ぎ行ってて工場の事故で無くしたんだそうです
補償なんかなかったって言ってた
その事故が5年前
で、神がかりが3年前から
神がかり前は大酒飲みだったって言ってた

今日は牛を接待する日です
オイシイものたべさせてもらって
R0013716
花の首飾りしてもらって
いたれりつくせり(ちょっと迷惑っぽいけど)

ってことはあの犬の首輪の日って
犬はお犬様だったんだ!ノラでも
1日だけでも良い思いができるのが良いのか悪いのか
次の日もちょっとは可愛がってやって欲しいもんだけど
見物してたら
R0013723
ティカしてくれました
もう充分幸福がおとずれてます、ハイ
ぺツルのティカってこっから名前取ったな?

ティハールTiharってお祭りなんですが
5日間毎日感謝する相手が違います

1日目10/26がカラス
2日目10/27が犬
3日目10/28がラクシュミー(女神)
4日目10/29が牛 
5日目10/30が兄弟(たぶん姉妹も)
だそうです(歩くと違う)
だからあの濁り目のおっさんと会った日って犬が首飾りしてたって訳
日付は2008年版
来年は違いますよー

昼ごはん
もちろんダルバートなんだけど
R0013727
タルカリがギタ
これ美味しい
生水出されたんですが
「ここの水道は泉が水源
だから清浄」って言うもんだから
ノリで飲んじゃえ!

長男Ramesh君の買い物に付いてきます
丘の上に売店がありました
R0013760
ミニマムなよろずやさん

爆竹も買ってました
28本入って40RS結構なネダン
インド製みたい
ChillyBombって呼んでますね
ネパール語じゃ
KhursaniBomb

爆竹はお祭りでは必須みたい
中国みたくド派手じゃないけど

おっさん二人が
R001379189
青いパパイヤの皮むき
ピクスルにするんだそうです

今日から台所見物
生スパイスのすり潰し
板の石の上で
R0013824
リンガみたいな石でゴリゴリ
ショウガ・トウガラシなんかをつぶします
これ都会じゃどーしてるんだろ?
石のすり鉢?
あるいはスピードカッターかな?

ここ標高低いし米はデカイ洗面器みたいなので炊いてました
R0013851
圧力鍋はダルスープ作るときに使用
圧力鍋はほんとどの家にもある感じ


おじさんとこで
R0013834
玄米の製粉見学

長男奥さんがブランコ乗ってて
(オトナの女性もも好きですねーブランコが)
自分の携帯で写真撮ってもらってた

携帯は普及してます
もう握りしめてる感じ
メールも頻繁っぽい(いわゆるショートメールですけど)

今夜もGP Sharmaさん神ガカリなんだけど
昨日の今日なので見るの半分だけ
19:10から晩飯食べたあと

19:30 村の子供が踊り見せにきました
ラジカセで歪んだ大音響の歌謡曲流して
R0013880
まあいわゆるアテ振りっぽい感じ
停電になったら即手拍子で自分らの声で民謡風に切り替えて
踊り再開
このあたりが凄い
お金もらってました

20:46 寝る

23:00 でまた起こされた…
Shivaさん「村の青年たちが踊り見せにきてます
お金出してやってください」
うーー頭廻ってない
まだ寝てるんで
私「じゃハウマッチ?」
Shivaさん「わかりません」
ってねーー

R0013899
村の青年団風がガンガン踊ってくれて
メイワクなことに私まで踊らされた
独裁者になったら
この村の若いの全員南インドに売り飛ばすこと決定
50RS寝床から持って出たンだけど
どーも最低ライン以下だったよーで
200RSぐらいが適正だったよーな
無知な日本人やーー
勘弁してくだせーー

Shivaさん「思い出になってよかったねー」
ってなーーー!?
R0013908

領収書までくれて
後々まで恥が残ってしまったやんかーー
グゾ!

23:53 みんなの集合写真撮ったげて
これあとで焼いてあげるってことで
なんとか恥を薄める悪あがきR0013912


00:15 こんどこそ寝る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

ディタル村Dhitalへ出発

ディタル村Dhitalへ出発

昨日のうちに、不要なものを宿POKHARA PEASE HOMEに預かってもら

った
明後日帰ってくるって言ったら宿代請求されたんで
「れれ?さっきの宿の人帰ってからでよいって言ってたけど・・」
で、一泊300RS 23-27日 5泊で 1500RS
初日くれたCha20RSってウェルカムサービスちゃうんかい?
TOTAL1520RS 13%Govt.Tax150RS
Total 1670RS
ってかいな?
トイレの水廻りのトラブルでディスカウントしてくれるって言って

たのにー

で交渉して1500RSポッキリに
まあ急いでるんでこのあたりで妥協

04:53 ASIAN TEA HOUSEに行ったらまだ用意してなくって
R0013206
子供たちも眠そう
ここで子供が3人ってこと判明
素直そう
05:29 軽のタクシーで出発
運転手入れて大人3人 子供3人
助手席に奥さんが小さい子供膝に
後ろにムリムリ4人乗った

05:47 ミランチョックMIlanchok着
R0013216
アンナプルナ内院行くときのフェディFediとポカラの中間点ぐらい
こっから分岐
さらにマルディ・コーラ川Mardi Kholaに沿ってまだ道路あるんだ

けど四駆じゃないとムリ
で、交渉したけど1000RSとかで高いので断念

05:59 出発R0013227

一番ちいさな子供は親父さんが肩車で
あとは各自リュック担いで

R0013228
マルティ・コーラの段丘が見事

二番目の子供(女の子)が遅れ気味なので
彼女のリュックを私のリュックに入れた

家族構成
親父さんShiva Paudel 40才 顔はいかついゴリラ系だけどとても
親切

奥さんTara Paudel 30才 美人 憂い顔がスゲー やさしい

長男Ramesh Paudel 14才 賢そう 素直 私のネパール語の先生

長女Rashma Paudel 12才 美人予備軍 やっぱり素直 踊りが好き

次女 Gyanu Paudel 4才 当然甘えん坊 かわいい

名前と年は村に着いてからラメッシュ君に聞いた

06:50 お茶する
R0013255

奥さんは携帯好きで
携帯に保存した歌謡曲を聞きながら歩く

08:01 田んぼの畦を通ってショートカット
R0013278

08:32 実家着
R001330302
超本気田舎の家に感動!
石積んで泥塗った壁
屋根は千枚岩(スレートそのもの)
家の前にはヤギ
マンガみたい

裏からはアンナプルナとマチャプチャレが見えるし

彼はこの家の長男
自分の母は彼が10才のときに死んで
彼は10才から町に出て働いてきたんだそうです
主にゲストハウス
ポカラやカトマンズで

継母にいじめられて追い出されれたのかどうかは聞いてないけど

って目の前にその継母さんがいるし…
悪い人にも見えない

先祖を大切に
ってことで
彼の主目的は亡き母の供養
なんか場違いなとこ来たよーな気もする
みんな気さくでにこやかだけど

10:38 
で、お祈りの人ブラーマンがごにょごにょ
R001337978
彼は正装してずーーっと座ってます
葉っぱのお皿にお供えが一杯
焚き木燃やして
本読みながら読経風

とにかく長い
画伯するR0013321


13:08 お供えの果物をもらう
腹減った…

15:06 やっと儀式終わって
R0013417
飯やーー
当然美味しい

ブラーマンのおっさん
「嫁さん要らない?」
ってスゲー軽いノリかまして帰ってった

15:29 村の子供が
お祭りの「お金頂戴」遊びに
R001342625
ポカラでも行き会ったけど
同じ節で「バーヨ バーヨ」(と聞こえたけどBhailoが正しいつまりバーリョ)と歌い
それに答えて文句挟むって繰り返し
これで稼いだお金で
子供だけで河原でパーティするんだそうです
儲けるとこだと羊一頭つぶすって言ってた
主人の上の弟(腹ちがい)GPSharmaさんが
「そんなんじゃ芸が足りん!」
と歌と踊りをリクエストしてた


この腹違いの弟さんの娘がですねー
どえらくフォトジェニック
R0013444
このまんま少女モデルできます
天性の媚ってかなんというか

実家は三棟長屋になってて
東の家が弟さんとこ
17:00 この家でお供えを作成中
R0013447


17:30 砂絵を描きだしました
R0013455
気分は巨匠秋野不矩さん
マスタードオイルの灯明が気分です
18:02 やっと祭壇が完成
R0013486
飯まだっすけど…(居候だしなー)
みんな集まって(ってすごい人数たぶん20人ぐらい)
GPSharmaさんがほら貝を吹いて
鐘鳴らして
私「んーーー??そっち方面?」

18:30 この頃から神掛かりに
みんなが結構気さくにしゃべりかけます
GPSharmaさん上半身を震わせながら「チャチャチャチャッ」
と素早く声をだして
そのあと節付けて答えます
R0013527
つまりイタコです
死んだ親類の霊との交信
途中で携帯のよび出し音が鳴ったりして
私が焦ったけどみなさん気にしない

腹減った…

19:05 R0013542
神掛かりが終わって
みんなにプシャ

20:05 で、ご飯
R0013550
やっぱまずいはすがない
お腹ぺこぺこ

食って即長屋の西側の主人の家で寝る
ベッド二つしかないんで
私はラメッシュ君と同じベッド
一枚の布団(ほんまにボロボロ)
牛とヤギがいるんだし
ノミ・シラミ等は覚悟してたけど
それはセーフやった

でこの日は終わったはずが…

00:20 起こされて・・
「ダンスあるでー」

あのあと皆さん寝てないのね?
タフ!

太鼓とタンバリン
それとちいさな鉦(超小型シンバル)
R0013556_2
これで延々と歌います
結構これが良い
私は眠いけど
で一人づつ踊ります
GPSharmaさんやっぱ乗りやすいタチだし
髪の毛ふりみだしてます
ただしこの人リズム音痴だべ

01:44 打ち止め 死ぬ・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

濁り目のおっさん

濁り目のおっさん

09:38 宿しゅっぱつ006_2


10:19 昨日のバナナ安く買った場所
近道だと2.7kmで行けた

10:48 まずポカラ博物館Regional Museum Pokhala…
064
ブランコの説明だけが収穫096
なんか花輪した犬多いなー
なんでや?

12:04 自然史博物館…
絶句・108


12:37 お目当てゴルカ博物館
これは昨日買った市街地図で発見
129

入り口で日本語しゃべるおっさんが寄ってきて

入館料結構なお値段
150RS+カメラ持込料10RS

濁り目のおっさんが親切にガイドしてくれます
言うことは
142
「沖縄」ってことばかり
どうも日本に駐留してたんだそうです
ってイギリス軍所属のゴルカ兵が日本に居たんだろうか?
この人滑らかにしゃべるんだけど
なに言ってるかモヒトツよー分りません
とっても親切なんだけど
137_2

じっくりとパネル読みたかったんだけど断念
濁り目のおっさん
「お茶飲みにきてください」
って博物館の向かいにある彼の旅館に招待されました

言語滑らか
ナニ言ってるんだか7割以上分らんのですが
時折英語で質問したりして理解に努める

濁り目のおっさん(53歳)
1984年に日本に居たって言ってた
で19年間滞在
結婚2回
154_2

で一昨年(2006年)ネパールに帰ってきて3度目の結婚
今年子供が生まれたんだそうで
嫁さんは36歳

この旅館1000万円(日本円で)かかったそうです

現地で除隊したと仮定して
そのあと日本で
解体の仕事したりしてたって言ってた
広島・長崎・沖縄
北海道の釧路で一回目の結婚
お金渡したら他の男に貢いで・・

と言いつつ
「お金じゃないよー
ココロだよーー」


「五木ひろし
細川
いーねー」

「ひばりが好き」
って「りんご追分」ちょこっと歌った


味噌ラーメンが好物だそうです


人生訓らしきことを熱く繰り返し語ってくれました
チョッピリ疲れたけど
お茶出してもらったんで我慢
177
犬は花の首飾りばっか
うらやましー

明日急遽 ミニトレッキング誘われた
濁り目のおっさんとちゃいまっせー245


宿の近くの安い食堂の主人にです
家族みんなで行くみたいなので楽しそう
わくわく230

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

街中へ散歩

街中へ散歩

依然として画像が載せられません
このままだと画像付け足すの
日本帰ってからかなー?

トレッキングはどうするか思案ちゅー

旅館街のレイクサイドLake Sideは
ポカラ市の南西です
全く町の中心からは外れてます
タメルみたく
観光客のためだけの区域

ってことで町まで歩いてみることに
遠いけど往き倒れになる距離でもないし

11:27 出発

Lake Sideの北側を東西に走るManswana通りを東へ
「歩く」付属のショボイ地図だと位置同定が結構厳しい

11:52 Royal Enfieldばっかいじってるバイク屋
036
昔々のイギリスバイクをそっくりそのままインドで作ってました
さすがにもう作ってないかも?
シーラカンスみたいなバイク

12:08 一服する(タバコ吸わないけど)
チャー
ポテトサモサ×2
049
甘い揚げモン×1
で28RS
朝飯がっつり食っといて
昼は茶屋で飲み食いが便利

ランドマークのある交差点には
なになにChowkって名前がついてます
一々GPSのWayPointにしてます
だれが使うねん?

結構郊外な道路を北北東へ
ガキんちょがなついて来る
ネパールの子供はホント人懐っこい
学校で英語習ってるからか
英語で話しかけるのが楽しいんだと思う

まだかいな?
って思ったら
13:20 Sarangkotとの分岐点

ビンドゥバシニ寺院Bindyabasin Mandir へ
観光客は皆無
107
ネパーリー用のお土産屋さんが地べたに

交渉してちょっと買い物

こっからが楽しくって
Purano Bazarがすげ面白い
旧市街だそうです
銀細工の店が多く
引き付けられたんが
117
リンゴの形した小物入れ
値段聞くと
即電子ハカリに載せて
電卓で計算
なんかグラム単位な値段の決めかたみたい
手間とかデザインとか関係ないんかい!?
メチャクチャ欲しかったけど
ダルバートに換算したらえげつなく高いもんだと理解
どうせ不要なものがお土産品
だったら銀である必要がない
大体私に似合わん

14:08 竹細工屋さんで竹細工のボウル購入
134
50RS
これで正常化

145
街の佇まいがすばらしい
14:25 画伯る
154
なんかトレッキングよか興味深い
山ん中って
トレッカーと
宿だけだもんね

軒先が低く
スレート拭きの屋根に触れます

なんか娼館のよーな匂いもするけど

このあたりあと数日通っても飽きない

15:09 New Bazarに出てNew Road(銀座通り)を南下
ここもおもろい

15:28 旋盤がある店発見
専用工具でリアショックばらしてました
167
奥でボーリングしてるのかなー?

15:31 ダイナモ屋さん発見
今や日本じゃ見かけないけど


Manswara通りにぶつかって
15:46 路上くだもの屋さんでモンキーバナナ買った
180
たった20RS
レイクサイドでは何度買っても80RS
4倍で売ってるんですねー
まあ高すぎるって思ってたけど
この4倍って数字
1RSが1.5円だけど地元じゃ5円に感じる
って計算だと3.5倍に感じるべきってことです
つまり観光客に私の実感してるレートに合った値段で販売してくれてるってことね
大きなお世話だけど

ただしレイクサイドは家賃が倍近く高いので
市内値段だとやってけないって言ってたけど


つまり地元じゃ
バナナ一房(16ピース)20RSが妥当な感じ(モンキー)
産地直送だから安い
日本円に直して30円だとタダみたいなもんです
これを5倍レートにしてみると
100円
石垣島の市場ならこの値段で売ってそーです

つまり地元の人は
20RS を日本での100円の感覚で使ってる
モンキーバナナは日本円で100円ぐらいの価値があるってことです
だから観光客に5倍の100RSで売っても
変に思われない

まさかバナナ一房が為替レートで30円で売られてるなんて気がつか
ないし

100RS は為替レートで150円
妥当に感じるかもしれん

ほんとは70RSぐらいがピッタリのはず
日本円で100円

私はダルバートが基本通貨なので
「晩飯一回分かい?高」すぎる!
って思ってただけ

このバナナ買ったとこから宿まで3.8km
バナナとほかの果物買ったら
一回で晩飯分が浮く
往復2時間だけど…

でからフェアトレードの店に
Women's Skill Development Project
WWW.catgen.com/wsdp
182
ぶっとびました
センス最高
あぁレイクサイドで買わなくてよかったー
ちと高い目だけど値引き交渉せずに二つかった
(最もやすいやつ)


宿の近くで通算6匹目のネコ発見208

| | コメント (1) | トラックバック (0)

World Peace Pagodaまで散歩

World Peace Pagodaまで散歩

トレッキング行くかどーか思案中
イマイチな気分

朝飯はASIAN TEA HOUSE
75RSで
卵2個 焼いたパン
007
炒めたジャガイモ+たまねぎ
デカカップのチャー
ここ完璧やーー


日本山妙法寺World Peace Pagodaまで散歩することに
昨日の山岳博物館よか遠いけど

ザックにペットに入れた水
コッペパン15RSを一個入れて
10:15 出発

途中寄り道して
インターネット接続無料って宿二軒当たったけど
500~600RS
今の宿が300RS
大体1日80RS+40RSつまり120RSぐらいネットカフェに支払ってます
なので宿変えるメリットはなさそう
宿のネットは激遅いって言ってたし

11:06 念のためACAPに顔出してみる
土曜はお休みのはずがやってますがな
034

用紙もらったけど
パスポート持ってきてない
係りのおばちゃんに聞いたら
パスポートNoだけでOKだって
で俄然その気になったんだけど
写真持ってきてない

近くに証明写真屋さんがあったりして
顔出したら少女が走ってきた
1枚100RSってか?高!
って言うといきなり50RSにディスカウント
でも一枚以上必要ムードなので
宿に帰れば写真あるんだし
ダルバート一食分もったいない

Pandi Bazar通りを西に

グyプテシュワール・マハーデブ洞窟
Gupteshwar Mahadev Cave
042
看板があったのでフラフラと・・

入り口で入場料100RS 高いと思ったけど
入れば妥当
充分ダルバート一食分はある

052

すげーー
砂岩・泥岩・礫岩の洞窟って初めてだー
地下水がポタポタ・・
いくら地層で浄化されよーとも
このへんのおっさんが足洗った水
ちょっとキモイ

断層がらみで出来たんだとは思うけど・・

看板よりちょと西に歩いたら
075
アズキ色した坊さんが降りてきた
ここが登り口

087
急登終わってもお寺はまだ先

12:58 峠の茶屋でコカコーラ30RS
089

13:15 やっと到着
シンドイぞーー
104_2

ポカラの見晴らしは最高
でも今日はヒマラヤは雲ん中・・
110107

画伯する
絵葉書サイズに書いてたんだけど
(切り取って送るヨテーで、マメやのー)
116
ガキが寄ってきて
サインしまくり!
切り取れなくなってしまった・・121


14:19 下山開始

別口のガキドモが通せんぼ
「お祭りだから金よこせ」
だそうです
126
これは正当な感じがしたんで
2RS2枚プシャ

東側のピーク寄ってから

ダムサイドって表示の道を降りる

これがなかなかのトレッキング

ちょっと迷ってから本当のダムサイトに出た

15:37 これがダムサイト148_3


16:02 昨日の茶屋でお菓子とチャー
極限に甘いお菓子が大あたり!
155

16:10 屋台で調子こいで絞りたてジュース頼んだら80RS!
うへ!
ペルーじゃ安かったんやけどなー

お土産屋ひやかして帰還

洗面所がブッ壊れた!
手洗うシンクが落ちそーー
重いんで足に落ちれば指は折れる

水漏れまくりーー

宿のにーちゃん呼んできて
「ディスカウントせんかい!危ないやんけ!」

晩飯も朝飯食った店
ダルバートが95RS
優秀

| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

山岳博物館へ

山岳博物館Intrnational Mountain Museumへ

楽しみにしてた山岳博物館
地図見るとレイクサイドからちと遠い
ま、暇だし歩くかなー

10:50 宿出発
ダムサイトの方まで歩いてないんで探索の意味も
歩いてるとタクシーが寄ってくるんで
値段聞くと
「300RS」
もってのほか
高いーー
って言って歩きだすと
「250RS」
「200RS」
「ラストプライス150RS」
片道だけで晩飯分だもんなー

ピーナッツ一袋 なんと80RSほんまかい?
014_2
でもまあ口が寂しいんで

風の旅行社ポカラ支店
017

Sahid Chowk 近くの茶屋で
ポテトサモサ2個とチャイ
20RS
サモサ一個5RSでチャイが10RSなんだろーか?

Mustang Chowk
ここで空港にぶつかる
025
空港を迂回して
簡単な地図から読んだ博物館への方位に向かって適当に歩く

川の近くで将来美人確定少女に
「山岳博物館ってどこ?」
って聞いたら
「お金くれたら教えたげる」
って!?
「おまえなーー」←日本語で
おっさんはショックでした、ハイ

川に行き当たって
たむろしてるニーチャン・ネーチャンに聞いたら
ちゃんと丁寧に教えてくれました

12:10 入り口着
039

045
あれが人工壁ね・・

入場料は外国人が300RS
地元が50RS
つまり6倍
私の実感為替レートに近い

058
敷地は広くてきれいです

建物もデカイ!

特集展示で
50年前のヨーロッパアルプスと
069
今のネパールの写真を並列展示
これがオモロイ

私が見たかったのが
トニー・ハーゲンさまの資料
097
いやー感激っす

ポカラ近辺の地質図も展示されてて
もろそうな堆積岩ばっかって判明
だからボルダーはあり得んですね、この近くは

各8000mの初登者のギア類も展示
102
靴が案外ショボイんだけど
みんな小柄だったのと(ヒラリー侯は例外)
オーバーシューズ履いたからだとは思う
面白いのは固形燃料のコッフェルセット
104
これでほんまに氷融かせたんだろーか?
形状が最新式のプリムスに似てます

でからアイゼンがおしなべてチャッチイ
カジタックスよかペラペラ
105
これって軽量化考えてたからかもしれない

これ以外の展示物
突っ込みどころは満載だけど
ま、努力してるんだし

河口慧海のコーナーがあったんですが
だったらヘディンのコーナー作れよ!
でもヘディンはネパールよか西域か?
じゃ故西川一三氏は?


外に
白く塗った岩山風があります
気分雪山
137
どーもアイゼントレを想定してるよーな
一応リードできるように鉄筋のフックがあります

ただしアイゼン使用した形跡は無いですけど

レストラン行ったけど
チャイが50RSだったかなのでスルー
外のベンチでデブった観光客風が
地元少年と手にぎりあってます
お熱いことで…
139
チラチラ聞こえてくる会話もソレ風
これだけならヒジョーに分りやすい図式なんですが
右側の少女が分らんのです

デヴったおっさんと少年が手握り合って立ちあがったら
なんとこの少女も付いてった…
どーいう関係???


問題の人工壁
高さ推定で17mぐらい
047
立派なもんです

上から見て
三方に垂直の壁が張り出す感じ
だから6面の垂壁があるってことになります
壁のふちは壁の厚さだけの薄い斜面;" />

まあカンテってことですね


で、屋根がちょこっとあって

樹脂ホールドが付いてる面はひとつだけ
148_2
石ころを埋め込んだり
これが脆いんで壊れてます、結構
このあたりの岩はショボイ堆積岩ばっか
変成もほとんど受けてないんでやわらかい

フラットソールでトラバースしてみたんですが
数分でやる気が失せた
ポロッといきそうだし

まあ壁作った主体も初めての経験だろうし
アドバイスした極東某国の老関係者ってのが思いっきりシロートさんだし・・
タチ悪いことに極東某国の老関係者って
自分が素人だって絶対自覚してないだろうしーー

愚かを象徴するモニュメントを後世に残してくれて感謝です
これを参考に次回はマトモなものを作りましょうねー
極東某国の某山岳会なんかにアドバイスしてもらっちゃダメですよーー
あすこはハイキングが得意なんです

絶対に室内の人工壁にすべきだ!
ロープ操作は本館の壁面で出来る
屋外に作ったらだめです!
って言ってたよね、だれかさんが

帰りもテクテク
途中のローカルな店で
購買欲爆発!
素適なブリキチリトリ40RS
念願の打ち出しお玉80RS
なんか知らんけど銅の打ち出し150RS
158
合計270RSを250RS
打ち出しお玉は
どこで値段聞いても常に80RS
この手の店はあまりボル感じしません

また疲れたんでチャイ
砂糖無しドーナッツ1個とで
14RS
またもや2RS硬貨が増えてしまった
んーーやっぱチャイが10RSっぽい
カルダモンが効いた美味しいチャイでした

晩飯がやや敗北

近くの超ボロイ店でチョー麺
旨くもないけど
勘定がなんと!80RS
高いぞオバハン
表通りの普通レストランと同じってかい?
ダルバート100RSって聞いて
無限に時間掛かりそうなので回避したんだけど・・

ってことあの24時間屋台の50RSチョー麺って優秀だってことだ

この焼きそばだけじゃお腹がフマンなんで
前から気になってた屋台の
189
いわく言いがたいブツ
エビセンにジャガイモのシチューをかけて
薬味ドバっと振る
って感じ
美味しい!
198
あったりーー!
って思ってたら値段80RS
(市内だと30RS 

んなら160RSでレストランでマトモなもん食えるじゃん

朝飯用に
16房のあるモンキーバナナが80RS

コッペパン15RSを2個

甘い菓子パン50RS

チョコクッキーでかいの一個15RS

小腹空いたんでポテトサモサ一個10RS


うむむーーー
タメルみたく御用達の格安店を確保しないと・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

ポカラ~!

ポカラへ

早起きして
まずコーヒー屋へ(初めて)
カフェラテ(エスプレッソと表示)
006
なんと60RS高ヶ!
当然美味しいわけがない

Street Dogs とStreet Children
うむむーー
012

こっちの野良犬って日本の野良犬(いまや見かけないですねー)とニュアンスが違います
飼い犬と野良犬の中間形態ってとこかなー?
こちらの友人が「Street Dogs」って表現したんだけど
「街の犬」が雰囲気出てる感じです
エサもらってる場合があるし
犬自体なんか飼われてる(所属してる)って思ってる場合もありそう
で犬がおおらかって言うか和やかって言うか
ぎすぎすしてない

これはペルーのワラスでもそうでした

でおなじくネコが極端に少ない

まあこっちの犬って若草山の鹿みたいなもんですねー

人間のStreet Childrenに関しては
んー…
きつい話だ…

バス停へ
014
マジ ずらーーーーーーっと並んでます
目指すは
BABA ADVENTURE
凄くもないけど酷くもない
荷物は屋根へ

勝手に手伝ったジサマ
1dollar請求しやがるんだもん
「なんやてー?」
って言ったら
「100RSでも・・」って言いして
「なんで払う必要あるん?」と突っぱねると
「50RS…」
「知らんって!」

他の客払ってましたねー
019
晩飯一食分ですよーー

06:53 定刻(07:00)よかチョイ早く出発

トイレ休憩一回あって

11:30 昼飯
ダルバートがなんと!200RS高っけーーーー!
(あ、300円です・・)
豆カレー(グリーンピース+トマト)が悔しいけど美味
ツーリストは別メニューみたい

ダルバートって言ったら
ローカルなコーナーを指差された

ネコ発見
これでやっと5匹目

道中 横に寝たローカルバス一台
同じく転倒した耕耘機+荷台が一台

ま、安全運転とは言えないけど
寿命が縮まるほどのムチャ運転でもない

13:25 ポカラ バス停着
客引きが寄ってくる
$10とか$8とか
あり得ん値段言うしーー
粘って10ドルが500RSまで下がったけど
(全てトイレシャワー付き)
「高いわーー」

って言ってたら
「300!」って声が!
「じゃ見るだけね」
って言って客引き君のバイクの後ろに乗る

POKHALA PEACE HOME
062
300RSでトイレシャワー付き
Lakesideです

すげーーーー
キレイーーーー
静かーーー
057055

ポカラの相場知らないけど
まあ安めだと勝手に想像
庭が和むし

ロンプラは知らんけど
歩き方には記事載ってません(地図にはは載ってた)
日本人は皆無
当たりだと・・

で早速探検
一番近くのインターネットカフェに
1時間80S タメルじゃ60RSsだったけど
動いてたPCのLANケーブル引っこ抜いて接続すると
メーラーで受信するけど送信が出来ない
エラーコード 10060
昔々まず受信して認証を受けプロバイダーのポートを開けて
10分以内だったかに送信しないとエラーになる
とかあったよーな…
しかしタメルじゃ問題無かったしなー
ブログはテキストはOKだけど画像がアップできない
暗い

街を引っ越そーかなー?

サモサ一個10RS
普通

屋台の焼きそば
50RS
うむむぅ
いままでで一番美味しいかもしれん

気分変えて別のネットカフェへ
ここはLAN接続用の机あり
あっさり送信出来た
ってことは前の店ダメだったの
ファイヤーウォールの設定かなー?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

晩飯およばれ~

今日はおよばれ

明日早朝出発するバスの発着場所確認にいったけど分らず
029
アメリカ大使館の前あたりナンだけど・
職質までされてしまった


あとで聞くと
つまりなーんの標識も無いんだそーです
グローバル銀行の向かいにずらーーーーーーーっと
バスが並ぶんだそーで


夕方友人宅に招かれました
オモロイ話満載
072
晩御飯は最高に美味

090
帰りにStreet Dogs (ネパール風野良犬たち)に遭遇
つまり昼間は寝てて
夜中活動するのね?
残飯漁り
いやーなかなかの迫力


肉屋さんの前で待ってる犬が多いですね
092
エサもらえる感じ

ついでに野良豚君も
094

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

今日も散歩

今日も散歩

アミューズトラベルさんとこにちょこっと顔出し014
事務所探し出しに5.9

Mont-bell Friend Shop なる店があって
中入ったら高級織物店だった

VAUDEってドイツの山用品メーカーのアンテナショップ036
超高級風なんだけど
ただのアパレル屋?このメーカー知りません

タメルで初めて入った山道具屋
BDのスクリューはターボエクスプレスばっかだし
なんと!あのカーボンシャフトのコブラもあったりて

050
日本じゃ政策的に高目で売ってるんで思わず手が伸びて・・
重いけど写真よかカッコ良い

買わないけどファンキーなカバン屋さんが多い
フェルト可愛い系054

宝石屋で値段チェック
最もシンプルなピアスで100RS ぐらい

057
直径3cmぐらいのブローチで900RSぐらいかなー

いつもの店でダルバート
Thakari Bhanchha Gharって名前
85RS
ガイドブックに載ってないんだけど
キレイだし美味しいし
観光客って皆無
ダルバートは基本お替り自由
オカズも
ルクラだったかはお替りダメになったらしいけど

067 068

069

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

散歩と買い物

散歩買い物

アサイチでモンキーバナナ1房80RS
小さなリンゴ一個とで 100RS007
バナナはまだ渋くて
リンゴはスカスカだった…

サオマンが今日ダージリン・あわよくばシッキムに出発
15時のバスとか言ってた
雨季開けで道路が寸断されてるらしい
一旦バス降りて船乗って渡渉
でまたバスとか
順調で17時間だし
明日朝なんかには着かないはず

マ、楽しそー
向うで寝込んだらオモロイ

私はスワヤンブナートの
自然史博物館へ歩きで059
館長さんと会えてラッキー

あとはブラブラと買い物がてら郵便局へ

まずは数珠屋で072
光った数珠80RS
光ってないの45RS
合計120RS

フリークの近くで
念願の葉っぱのお皿購入091
日本でも見かけたよーな気がするケド
40RS たぶん100枚

使い捨て灯明入れ(だと思う)092
味出しまくり
5個で10RSだったかなー?

黒とピンクの岩塩も買っちゃえ096
50RS

で郵便局で絵葉書1枚出して25RS104

ココナッツクッキー 1kg 225RS113
なので色々取り混ぜてもらって100RS分

またもや屋台のモモ
今日はバフモモ 10個で30RS117

ニューロードで
郵便ポスト発見!109
ってことは切手さえ持ってれば
ここに投函でOKって訳ね?
タメルから遠いんでさほどメリット感じないけど・・
でほんまに集めてくれてるんだろーか?
投函口から悪さするやついないんだろーか?

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

散歩

買い食い
うろうろと散歩の日

ガイド君にボーナスと不要ギアやっと手渡して
(時間守れよーー)
郵便局行ったりして034
いやーーー絵葉書出すのって一大事業
写真の絵葉書だと日本(3種地区)は25RS
(ちなみにネットカフェは1時間60RS)

んで小包のとこ偵察にいったんだけど
今イチわからんけど20kgで8700RSぐらい
で、布で梱包してロウで封印してます040
これのサービスが特大で250RSぐらい

届くだろか?日本に・・・ふあーーん
もし無くなったら肉親が亡くなったときよか泣き崩れるやろなー

帰りに足が疲れたし
屋台のモモ(ベジ)046
≒10個で25RS
奇しくもエアメール代と同じダ!
美味しい
みんなはバフ(水牛)のモモ食ってます
だからベジ頼んだらその場で包んで蒸してくれました
甘ズッパイタレと葉っぱのお皿がかっこえーー050
ちょっと良い香りしますこの皿
これオミヤゲに持って帰ったら殺されるかなー?
私的にはいけてるんですけどねー

明日サオマンがインドのダージリンに行くんで
軽く送別会
「ふるさと」って日本料理屋で焼肉
まあガイド君を昨日か今日ご飯に招待するはずだったんだけど
二日連続ですれ違い(向うがルーズ)
ま、その代わり
350RSで炭火焼肉070
やっぱ優秀
ダルバートに慣れたお腹には量が足りないけど

| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

サモサ

今日はスワヤンブナートの友人宅へ
っていまどき携帯でアポイント取らないのも無作法なんかも_?
で、空振り021

ドゥンチェで一昨日、買い食いしたサモサ029
10RS
今日同様のきっちゃない店で買うと
20RS

ほんでもってその10分後屋台で買うと
5RS
これは勝気な少女が値段ボラレかけたとき
「ダメでしょ 」
ってたしなめたからだけど・・

サモサ一個の値段
大明の体感為替レート
1RS=5円説でいくと
一個100円でも変じゃない
25円だとやや安すぎる感じがするけど
まあ合ってるかなー

1RS=1.5円のガチな為替だと

サモサ一個って
最高30円
最低7.5円

ってことになる

| | コメント (0)

カトマンズに帰ってます

昨日10/17カトマンズに戻ってきました
予定よか1日早め
一応五体満足で帰って来れてウレシ

旅としては良質だったけど
クライミングとしてはイマサンってとこでしょーか・・
ま、実力ってことで

サオマンの足引っ張ってスマソ

| | コメント (1)

2008年10月16日 (木)

トゥローシャブルからドウンチェへ

トゥローシャブルThulo Shyafru2130mからドウンチェDounce1950mへ

あ!トマト発見Grd017
ランタンで初めて見た

08:05 出発

学校建設中Grd019
石組だけの壁薄くねーかー?

ガネッシュヒマールが見えるGrd028

途中道路拡張してました

Grd034 たぶん発破と人力
ってことはうドウンチェから車が通る!?

巨大崩壊地

Grd048

段々畑がすばらしー

Grd058

お茶したとこで初めてハゲの人見た
ネパールもハゲが少ないです

Grd073

松の木の幹を削ってます

Grd074
松脂が出るんで
焚付けにするんだそうです

10:55 林道に出た

マニ車じゃない水車Grd081
中見ると粉引きしてます
ギアが無いのでかなりの高速回転

Grd079

林道かったるい
よくもまあ初日ここ歩いたなー

風力マニ車!Grd087
だったらハードディスクも・・

12:14 ドウンチェの街に着いたけど
旅館街は丘の上
登っていきます

ブランコ

Grd103
これ気に入ってます

早くも今回のベストショットかも?

12:25 行きと同じ宿着
店内見たら
壁の絵ってペンキで直接描いてるんですねーGrd119
ヘタだけどスゲ細かい

お店の前で圧力鍋の修理屋さん
イカケ屋みたいなもんですね

Grd134

散歩
モモ一個10RSGrd144

暇なんで恒例の散髪100RS
剃刀は使い捨てでした(なごむ)Grd175
終わったら洗車ブラシで髪を払ってくれました

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

ラマホテルからトゥルーシャブルへ

ラマホテルLama Hotel 2470mからトゥローシャブルThulo Shyafru2130mへ

帰り道は旧道を通ることにした
シャブルベンジに寄るよか近いし
ただし400mぐらい登る必要がある・・
軟弱なタイメー歩き徹せるんだろーか??

朝飯はEgg Noodle Soupeにした

985
ま、卵入りのインスタントラーメンなんだけど
昔からRaraラーメンとか国産品があります
チキンラーメン風
実は結構美味しー

ただしだれかラーメンどんぶり教えてやってほしい

いつも溢れそうなんで・・

08:30 出発

橋の近くのボロイ茶屋
ここのトイレが17年前の感じです991

09:43 バンブーロッジでお茶
まあポチャ系なんで・・

11:15 ランドスライドで昼飯
ここでも1時間以上待った
やっぱり美味しい
行きに見た黒の子猫まだいました

雑巾のよーな顔1009

13:04 ここで旧道へ

13:35 尾根に出たけど
あの対岸の尾根が今日泊まるトゥローシャブルぅーー!?1029
こっから長大橋作ってくれんかのー?

14:02 長大でもないけど
昔は無かった吊橋

村の家の軒先通って1049

14:57 宿着 
EVEREST LODGE
3階建て 
電気来てます

むかしはドウンチェから歩いて
一泊目がここでした
段々畑が見事で
スケッチし始めて10分で後悔したこと思い出した1059

17:15 インターネット屋に顔出す
隣ではブロック崩しの変形みたいなTVゲームやってます1076
WEBメールやってみたけど
遅すぎてアカンかった
USBにPOPメーラ-入れてこないと無理やなー

産地直送だから停電無いって思ってたら
飯時に停電

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

ランタンからラマホテルへ

ランタンLangtang Village3500mからラマホテルLama Hotel 2470mへ

よく考えたら分るんだけど
ランタンビレッジもラマホテルも
ガイドブックには指定で泊まれって書いてあるし
昔からそうするもんだって思ってたけど
今やその前後の集落に泊まるべきかも?
老舗んとこは施設が古い
大体トイレが別棟ばかり
あまりキレイじゃないし

朝空き缶をどーたらしてます
チェックポストで調べられるらしい

08:10 出発932

こっちの凧コンパクトでカッコ良い934_2

軍のチェックポストでサイン

Hotel Wood Land ってとこで昼飯
あまりに待たせるんで
「今から飯炊くんちゃうか?」
って言ってたらマジ注文後30分経ってから飯炊き開始・・
美味しかったけど

13:30 ラマホテル着
トイレが屋外でないホテルがなかなか無かった
最下流のHOTEL FRIENDLY GUEST HOUSEってとこにした
ここの主人テキヤのおっさんかい?
ガマガエル踏み潰したよーな声

メシはイマイチ

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月)

カルカからランタンへ

カルカkala4320mからランタンLangtang Village3500mへ

一夜明けたらちょっと元気になってきた
だから「ランタンの天啓」も既に色あせて・・・(早!!)

なんとなく記念撮影なんぞ784

あぁ悔しい・・

790 この標高だと凍る

08:20 ヨレヨレと歩く

木漏れ日ん中の気持ち良い道
795 シンドいんすけど

お茶休みにコーラなんぞ奮発
100RS!!811
ちょっと味が変だけど気のせいか??
まさかこれも詰め替えクン??

ランタン村付近だけ電化
発電所が近くにあるんだと思う829
ってことは産地直送だから計画停電なし?
(カトマンズでは日に2度ほと数時間の計画停電があるんです
だからメールは結構メンドイ)

12:14 ランタン村Langtang Village3500m到着
先に行ったポーター君達が見当たらんデーー!

次の宿まで行ってしまったみたい
まあえーけど

うろうろしてたら今回最高のビジンに遭遇
カップルのトレッカーをガイドしてた
スゲー可愛い女性
うちらのガイドと交換してくれんもんかいな?
内気なので「つーしょっと」お願いできんかった・・
頂上逃したよか残念・・
悔いのこしまくり・・

昼飯食った宿は日当たり悪いんで
お隣に引越し

ドイツ人のツエーおばちゃんが陣取ってます883
今日1日でバンブーから登ってきたらしい
連れははるかかなたに置き去り

昼飯に彼女が頼んだポットのお茶が不当に高いってことで
気合の抗議!
ブラックティー一杯35RSのところ250RS
まあ1.5リットルはあるけど

で全部で550RS請求されて
450RSが妥当と主張
つまりデカイ魔法瓶に入れたお茶が150RSが適正って言いたい訳
私もそう思う

で、こっからがすごい
1000RS札しかもってないこのおばさん

550RSのお釣りを要求
で、宿のおばちゃんお釣りがない

「じゃキャンジンゴンパ行って帰ってくるまでお釣りは預けとくってことで」

と立ち去った

ここもジャーマンブレッドって看板あったので
アップルパイを頼んだけど
大敗北・・・

ギアの虫干しーー

896

晩飯前にダイニングルームで画伯ってると
なにやらピコピコと音が・・
でから安臭いセリフも・・

電気来てるんで
ガキども18人も集まってテレビに釘付け912
でから別口で腐ったTVゲームやってました

ここってカトマンズよか明るい

不当な注文言わせてもらうと・・
トレッキング中だけは
テレビとゲームの音は客に聞こえないよーにして欲しい
んとに・・

でから結構携帯が入ります
シャブルべンジから見通せるタングサップは入るみたい

| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

登る・・

登る日

02:00 起床
テント内は3℃程度

朝飯食って
テルモスにお湯入れて

03:47 出発740

ちょっと坂登っただけでタイメイ激しく咳き込む
不調ーーー
まったくおかしい

ガイド君がノーマルルートへ行こうとしたけど
「ダメ!」
と止める
何度も説明してるんだけどね(嫌がってるのね)

明るくなるまでしばし休憩

05:30 雪田を登り始める741
雪はまあ締まってる

途中からロープ出す
すべてサオマンがリード745
スノーバー2本持って登る
タイメイが確保
60mロープ長いっぱい伸ばしたら
2本で支点作ってビレイ
タイメイとガイド君が登る
って寸法

確保もしんどくなったんで最後は
確保もガイド君に任せた
まあ落ちるような傾斜じゃないし

タイメイほぼ仮死ジョータイ
ゼーヒー言いながらなんとか登る
なんなんでしょ?
なんか悪いことした?(してるかも)

ガイド君ちょっと傾斜がきつくなると
とたんにビビル751
全ビョーニンのタイメイにも抜かれたりして・・

10:04 壁(ってか斜面ね)抜けて尾根にSao230

ここから頂上は時間がかかるんで断念ってことで
サオマンすまそ・・

降りるのでさえ20歩ごとに休憩が要る
ガイド君にタイトロープビレイ頼んだんだけど
ロープが絡まったりして
つまりやったことないみたい!?
これって落ちれんってとこね?

ヨレヨレになって降りましたSao242

13:13 ハイキャンプ着
ポーター君に上がってきてもらって
荷物降ろしてもらった

13:55 BCでぶっ倒れるタイメー768
これは真剣にヤバ目

こっからキャンジンゴンパまで一気に降りましょ
ってガイド君の提案
「はあ?」
ただの高山病だけじゃないのが分ってるワタクシ
「いけるだけ行くけど・・」

ストックを頼りにポチリポチリと降りる
道々親不孝を恥じて
「これから老母を大切にします」
とか弱気なことばっか考えてた

16:46 4200mのカルカで力尽き・・
テントに倒れ込みーー
熱出てます、ハイ

テント内でサオマンに
親孝行話した
「これってランタンの天恵って名付けるかな?」

| | コメント (2)

2008年10月11日 (土)

ハイキャンプ5010mに上がる

ハイキャンプ5010mに上がる

今日も天気が良い695
モンスーン開けてくれたんだろーか?

朝飯食って

デレデレしてから
11:51 出発701

テントは我々の持ち込んだアライエアライス1じゃ3人無理なので
ノースフェースを持ってくことにする

12:31 ハイキャンプ着

風当たらんとこ探して整地704

中入ってくつろぎタイム723719

今回BCからびっくりだったのは
調理はすべてEPIタイプのガス
詰め替えてます(激ボロい・・)708
たぶんプロパンなのでちょっとやばいかも?
日本でも私は詰め替えてるけど
ガスはカセットガスからなのでブタン

カートリッジ以外はすべて我々の持ち込み
晩飯は赤飯とスープ
それと粉ジュース

サオマンはタメルで買ったテントシューズがイタクお気に入り735

当然タメルマムートブラ~ンド!

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

ハイキャンプ5010mまでハイク

ハイキャンプ偵察

今日は5010mのハイキャンプ予定地まで見に行くことに

朝は大きいテントで食事します655652

ポーター君たちはここで寝てるんだけど寒そーー

08:20 出発

09:36 到着しばし休憩 673

ガイド君とサオマンはガンジャ・ラGanja La 5106mまで行ってみるらしい

タイメイはここで昼寝 びっちり背中が雪解け水で濡れてしまったけど結構寝れた

12:05 BC着 昼飯も晩飯も質量共にマトモ多すぎか?679 

ヘルメットに張ったステッカーを見る 687

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

ベースキャンプBC 4900mへ

今日はベースキャンプBC 4900mまで

快晴563
冷え込んだんで霜が降りてました

宿の主人が種を干してました
香りはキャラウェーそのもの
見た目もそんな感じ
チベット名聞いたけど忘れた

08:10 出発

行く道にポコっと岩があって
ハンガーボルトのショートルートがありました578
推定5.6~5.9

でっかい猛禽類592

途中のカルカでボルダー発見
ガバ持ち用の踏み台まであった595 (たぶんです)

ポーターの人達用の昼飯598
米を煮てつぶしたってのこれかな?
チュウラ
アルファー化してるからそのまま食べれる
Bajiってのも同じに思える
これアルファー米の代わりにならんもんかいな?
スープと煮たら即食えそう

14:33 BC 4900m着
先客がいます606
宿で一緒だったフランス人のテント
ガンジャラパスGanja La 5106m に行ってるはず

お客さん用テントは
ノースフェースの上等
テント内でもO℃ちかくなるんで即寝る

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

キャンジン・リKyanjin Ri 4773mハイク

今日はちょっと体慣らし
キャンジン・リKyanjin Ri 4773mへ

昨日もだけど
どーーも天気がスッキリしない
ガスって小雨降ったり
サオマン曰く
「モンスーン開けたら
毎日カーーンッて青空になるはず」
って開けてないんかい?
プシャ200RSもぶっこんだんだけどなー
まあエーわい
時間まだあるし

宿のカマド拝見471

んーーカコエー!

08:53 出発
10:16 尾根からNaya Kanga5857m 見物480

10:39 キャンジン・リ着
寒い
ガス晴れ待ち

手前のタルチョから下山

13:48 宿着

画伯してみる020

チーズ工場に行ってみる533
チョコっと買った
んーーその辺のプロセスチーズみたいな味
教養が無くってすみません

お隣のドイツパン屋さんに行ってみる
こりゃ欧米人が」泊まるわなー538

晩飯に初めてダルバート以外を頼んでみる
揚げたモモ553
大当たり~!

546

| | コメント (0)

2008年10月 7日 (火)

キャンジンゴンパKyangien Gonpa 3870m

テングサップTengsap3140m
から
キャンジンゴンパKyangien Gonpa 3870m
まで

昨日も昼から雨だったし
ってモンスーン開けてないって?
10/7なのに・・
お祭りのあと出発すべきやったってか!?
んーーーー・・

07:50 出発
天気良くなってきた
08:47 ラマ教のお寺にお参り
この際なんにでもすがるワタクシ384
一人200RSの大枚をプシャしました
ちょっと懐かしい響きでしょ?怖いけど・・プシャ

10:15 お茶405
むかしはお茶って5RSとかだったけど
今や30とか40RS

ここに飾ってあった偉いお坊さん406
強姦殺人の指名手配と間違えたデ
ここまでヤバ目なルックスで
ココロ清明だったらそれはそれで凄いことだけど

街道には水車で廻るマニ車と429

チョルテンが点在してます402

水車がアリなら
ハードディスクの外周に声明を刻んどけば
スゲ功徳ありそうだけど
売れねーかなー?

12:00 キャンジンゴンパ LOVELY GUEST HOUSE 着443
すげキレイ
むかしってあばら屋のカルカ風しなかなったのに・・
今やピカピカ

あ、ここまで泊まった宿
すべて簡易水洗室内共同トイレです437
つまり桶に汲んだ水を手桶か柄杓でお尻に流して洗う
愚か者の使用する紙は備えつけのゴミ箱へ
間違っても便器に紙流したらダメです
速攻詰まる

以前も書いたことありますが再度

***正しい杯切の方法***

500ccのペットボトルに水を入れる

用を足す

ペットを右手に持ち後ろにもってくる
ペットの口を尾?骨の下付近に持ってくる
チョロチョロ水流しながら
後ろから回した左手でお菊さまを洗う

***おわり***

大昔このランタンに来たとき
一回しかトイレ使いませんでした
掘っ立て小屋で
板渡しただけ
下は
「オエッ!」
となる惨状

だーらビールビンに水もらって
その辺で野具祖ばかりでした

まあヤクもゾッキョもそこいらで運地タレてるんだし
それを壁に塗ってるンだし
私食ってるもん野菜ばっかだし
似たよーな製品が生まれてるはず
って屁理屈

スンません
若苦曾でしたねー
今回は一度も野具祖しませんでしたよ

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

タングサップThangsapu 3140mへ

バンブーbamboo 1960mから
タングサップThangsapu 3140mへ

06:57 一家揃ってポチャ系のバンブーを後に
森ン中を登って行く
昨日夜中雨だったなー

降水量が多いのか
サルオガセ(針葉樹に付く地衣類)が多い296

River side 2769m の近くで製材していた
国立公園内でも伐採製材はアリなんだろーか?

2800mぐらいで谷を抜けて草原に出る

11:56 サングサップThangsapu 3140m HOTEL BUDDA 着

324

スケッチ
サンルーム風のダイニングが流行りみたいで
寒いんで中でストーブをスケッチ018
(これが習慣になった)

おっさんばっかな宿の所為か?
掛け布団がカビ臭い

我々は一切自分のシュラフ使用しません
理由は
キャンプするまでにシュラフ使ったら
寝汗で湿るから損
17年前ここランタンにきたときも
借りモンのブランケットのみで過ごしました
ノミ・ダニ・ナンキンムシなんかいなかったし
そんときはモンスーン前だったから虫が死んでたって推測もあるけど
ま、最悪でも痒いだけだし
ってことで

ついでに言っておきますが
冬山でシュラフカバー使用はアホです
たとえゴアであってもカバーの内側が結露します
寒けりゃ分厚いシュラフにするか
着込むか
です

故新井君とこのことでは激しく合意
実験して確かめてるんだから確か
ゴアのシュラフカバーしたほうが
濡れます
重くなります
二日目には確実寒いです

どーーーーしてもシュラフカバーするんなら
シュラフの中にでもしてください
裏向けて

結局最後まで借りモンのブランケットで快適でしたよーー
あ、良い子はマネしないよーに!
とても人数分のブランケットなんか用意してないから

夜はポーター君たちのゲーム観戦343
板の周囲に囲い打ち付けて
四隅にポケット設けて
まあビリヤードのポケットと同じルール
キューの代わりに指でコイン型のプラスチック円盤をはじくだけ
表面はたぶん滑石(タルク)の粉を撒いてます

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

バンブーでスケッチ

昨日は大騒動だったりして
本来は昨日シャブルベンジShabru Bensi1460m に泊まることになってた
ってことは今日からすこしづつ多い目に歩かないと

07:12 出発144
ドウンチェDounce1950mからシャブルベンジまでは林道
おもろくない歩き・・

発電所通過

シャブルベンジ入り口でいきなり屠殺風景きゃほ!

177
バフやなくて牛やがな
ヒンドゥーおらんのかい?!

10:55 昼飯
ダルバート

チェックポストでガイド君がんなにやら手続き

使えそうな岩がごろごろ

ランドスライドLandslide Lodge1640mで子猫発見
ネパールで初ネコ!232

14:59 バンブーロッジBanboo Lodge 1960m着
昔むかしここを通過したとき
「泊まりたいなー」って思ったところ
なんつーか風情があるところでした
ほれが
ゼーーンゼン風景変わっとるがな!
おまえら竹切りまくったんかい!?245

サイの河原にビーチパラソル・・

Landslideでこうなったって言ってたけど
まあ土石流でしょーなー
「バンブーが一本もあらへん」
と言いつつ画伯かます005 スケッチは抜群の対話ツールだと思います

どこででもすぐに友達になれる

ここの子供にサインもらいました247

昼も晩もダルバート
自家製の絹サヤが筋っぽすぎでした

| | コメント (0)

2008年10月 4日 (土)

ランタンへ

出発!!
宿に迎えに来てくれて017
専用車でランタンへ!

初っ端からしょっぱい
モンスーンの後なので道路がぐっちゃぐちゃに崩落しちょります099

地元のおばさんをポーターに雇って

崩落地を歩きで通過104

向こう側に閉じ込められバスに乗ったら
なーーんとステアリングのピンが壊れたアァ~?116
ゆっくりしたカーブで良かったものの・・・
ってこれって谷底へみなさんとダイブしてもおかしくなかったんでは???

んでトラック一台目に断られ
二台目に乗せてもらいます118
なんか専用車よか乗り心地良かったよーな

19:40ドウンチェ着
初めに交渉に行った
ランタンビューホテルって17年前に泊まったとこのよーな
看板娘がいたよーな
(ってもうおばさんだわなー)

HOTEL ANAPURNA ダルバート美味しかった127

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

明日出発がどーなる?

山は
Mt.Yubra Himal, Langtang Himal
で決定のはずが
Mt.Yana Kanga に変更です
諸般のジジョーで…

035

明日

10/4出発で
15日間なので
10/19にカトマンズ着
20日にメールかブログ更新なければ
むにゃむにゃです
欲しいもんどーぞ
のはずが今日さっきエージェントから電話あって
バス取れず延期かも
普通はチャーター車で行くんですけどね
そこんところがスーパーチープ

ネゴしまくりで
なんとかギリギリご予算内でーー
ガイドとポーター5人だったか連れて
ランタンの奥まで行くってことです
カトマンズからシャブルベンジまでは
経費節約でバス
だだ混みらしいけど
帰りゴサイクンド廻るのもカット

もう登った気がしてきたんだけど
おまつり終わるまでカトマンズでごろごろもなー056
思案中

今日は10数年前の知り合いんとこに顔出しました

いやーーなつかしー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

何とかなるもんだ

10/1
直前までパッキングに悩む
って荷物の重さにですけど・・
力一杯機内に出稼ぎ根性で持ち込んでなんとか

果てたので軟弱にもタクシーで京都駅へ

関空ではすぐにサオマンと合流
ロープ1本をサオマンに渡して
登山靴に履き替え

007
これでなんとなく20kg(かな~?)
でチェックインカウンターで受託手荷物通過
ま、核心は終わった

008

なんか問題なかったりして(拍子抜け)
で夜遅いんで(23:30)空港内の両替屋さんは閉まってます
JRの駅近くは24:00までやってるんで
せこく460ドルだけ交換
ドル安だもんね

でチェックイン

こっから10/2です

なにせ01:25発

タイエアーはまあまあかな
バンコクで5時間ほど乗り換え待ち
やることなし
PW無しの無線LANは接続するのに入れない
なんでや?026

昼にカトマンズ着
やっぱネパールだわ
19年前と変わってない
埃っぽくて安普請

ホーリーの人が迎えにきてくれて065
チャッコイ車で宿まで
可も無く不可もなく
早速紹介されたエージェントに行く
でペンディング
感じよかったんですが値段が…

もう一軒行って交渉
すみれツアー(探し出すのが5.11d)080
ここで粘って妥結
まあギリギリの線ですね
山は予定ドーリYubra Himal
だ-----っれも知らないっすねーこの山
むりやりトレッキングピークデッチ上げるために
ピークに名前付けたよーな気もする
ただし西壁は手付かずなのは確実に思えるし

変な客の要求に
思案中のすみれのオーナー(やり手風)085

クライミングガイドは要らない
できればわれわれだけで登りたい
形式的なベースキャンプさえあればあとは不要ってムチャな話だしねぇーー

お金足りないサオマンに融資(まトイチですな)089

で急遽10/4出発ケテイ!早!
って10/8とかからデカイお祭りなんだそーで
そこらじゅうが休みになる
10/5がランタン入り口のシャブルベンジ行きバスの最終
だだ混みするから前日にすべきって話
ひえーーー!
明日買い物せねば
スープと飲みもの

晩飯はトーゼン 

ダルバート100 100_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

関空にて

20081002002234 関空でチェックイン

核心の20kg制限ですが

なんかゆるい感じでした

サオマンと私は当然ファントムライト(登山靴)履いて受託手荷物を軽量化

二人で40kgチョイ

ゲートには情報コーナーがあり

無線LANバリバリです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

今夜 DT

今夜 深夜1時25分関空発のタイエアーで

バンコク経由カトマンズに入ります~

泊まるとこも10/3だけしか決まってないんで

明日はタメルで宿探し

当然なーーんも決まってません

荷物は削りに削って

機内持ち込み8kg

受託手荷物19.8kgになりました

たぶん極限だ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »