« ザック修理とか | トップページ | タベヲは出国 タイメイはパタンに引越し »

2011年11月 8日 (火)

ジョッチエンとトンコ

今日は買い物して
Imgp4816

ジョッチェン(フリークストリート)行ってきた
ヒッピーさんがうろついてるけど人畜無害だし
(めちゃくちゃケンカ弱いからヒッピーになるんだそうです)
タメルよか静かだし
Imgp4837

飯屋最高だし
ってことで引越し考えて宿探しだったんだけど
さすがヒッピーさん御用達だー
ハッパ付き宿ならありそうだけど(笑)
WiFi付きの宿なんか在るわけが無い(爆)
頭って真空管だもんなー 
チューブのマーシャルだぜー
そら良い音してます ハイ
ネット屋もヘボイのが二軒だけ
んーーーーダメか?

ネットって大嫌いって1960年代インテリな方なら
絶対にフリークです
環境が良い
飯うまい
便利

LUNBINBI TANDOORI BHOJANALAJYA
Imgp4854

最強のBグルメ店です
ダルバートに相当するのはなんだったかなー?
Khanaって書いてあってなんと80Rs!
でダルとササゲカレーの二重奏
タルカリ ザーク アツァール パパド付きだー!
Imgp4851

英語のメニューあるけど読んでもなんだか分からん
タンドールがあるんで次回こそナンやねー

でツラツラ歩きながら
トレッキングのこと思い出してました
トレッキング初日で
黒いビニジャンの二人がケツ割って
(涙目のおじさんとおにいさん)
翌日から地元の少年たちに担がせたってことがあったんだけど
昨日モウサムさんと帰りのチケットの相談してて
「そーいえばあの二人どーなりました?」
って思い出して聞いたら
「お金もって逃げました
連絡取れません」
とのこと
現地で雇った臨時ポーターはガイドが支払ったそうです
ってことは
あの二人初日の林道(しかもリアル平地)だけ4時間ほど担いで
それ以降は私よか軽い荷物持って歩いただけー
一人はシンハルのスタッフのお兄さんだし
もう一人はモウサムさんの親戚だし
「逃げられんでしょー?」
って聞いたら
「ダサインでお金が要るから仕事欲しがってたんです
だから仕事を回したんですが…」
んーーー
でさらに
「私の家もとても貧乏だったんで
母がこちらで借金あちらで借金
お金返してくださいって催促ばっかりでした
どっかでお金借りてそれで借金を返すってことの繰り返し
子供のころそれを見てて辛かったです
私は二人の家のことも知ってるんで強く催促できないです」
んーーーー
甘い!って言うのは簡単だけど
悪魔のよーなタイメイでもウルウル来てしまって焦ったぞ

モウサムさんは貧しい母子家庭だったので
小さなときから働いてます
(今私が泊まってる宿でも11才の利発な子が働いてます)
昔日本でも子守役で借金のカタにお礼奉公させられたって話があったんですが
似たようなことです
日本じゃ今どきなら児童労働ってことで大問題なんですが
実は1950年代なら普通でした

2008年にポカラ行ったときお世話になったアジアンティーハウスの主人も
10歳から働いてます
いろんな例があるとは思うんですが
日本ほど厳しく働かされるわけでは無いようにも思えます
(そう思いたい)
ネパール人って身内と他人の境界があやふやっていうか
ちょっと日本人よか広いよーな
従兄弟でも日本でいうところの兄弟ぐらい

この感じは飼い犬と野良犬の境界があいまいだ
ってこのブログに書いてたことと通低してるよーな
人間の子供と畜生とを同じ俎上で分析するのもナニだけど


飼い犬じゃないけど
明らかに所属意識持ってる犬がいます
で一番お得なのが肉屋所属犬
いーわなー

今日見た肉屋犬は肥り方がすげー
で肉机(って名付けた!)の下で寝てるんだもん
Imgp4865

しかもペアルック
肥りすぎててトドに見えたけど
でも主人とのコンビは絶妙
(この犬成人病で死んだらガンガーに捨てにいくんやろなー)
Imgp4867


肉屋にはこういう幸福な犬もいるんですが
普通は複数の犬たちが徘徊してきてて
付近でおこぼれを放ってくれるのをひたすら待ってます
たぶん犬グループによる縄張り争いがあるかもしれないけど
で肉屋って解体したあとの残滓全部犬にやるんではないだろうか?
カトマンズでは水牛の解体ってリアル街ん中でヤラカシます
屠殺場は存在しないのかも?
で皮むいて半身にすればリアカー引いた自転車で肉屋
めちゃくちゃ産地直送

「貧しい人に施しを」
ってことでいえばイスラムのバクシージみないなもんで
こっちの人はコジキの人にお金を施すことが多いです
私はかつてなんだか抵抗があったんですが(なんでだったんだろ?)
今は小銭は施すことにしています
意固地になって絶対にコジキに施しをしない人がいます
(自分も全く施さない系だったんだけどその理由を思い出せません)
なんか屁理屈でもあるたんだろうか?
単に不潔だから近寄りたくないだけなんだろうか?


昨日年老いて全身が疥癬で体毛がほとんど無い犬に
お店の女性が売りものの揚げパンを施してました
Imgp4779

日本では二週間保管だったかでガス室安楽死でしょうけど
このお店の女性がこの哀れな犬にエサを与えるときの表情がよかったです
たぶんですが何らかの病気もちコジキが現れても
この女性はよい表情で施しを与えたと思います

日本ではコジキが路上にいなくなって久しいです
だから底辺の人間のことにかんしては圧倒的に日本のほうが正しいと思うんですが
底辺の犬に関してだけはネパールのほうが幸福そうです
夜露しのげる場所が少ないんで雨季がつらいだろうけどガス室送りにはならないし
破産した国だろうけど
毎朝信心深いひとたちが家の前にお供えを出すし

夜はシンハルツアーのモウサムさんを招待して「古都」で会食
タベヲが明日帰国なんで
モウサムさんほんとお世話になりました
Imgp4890

これご飯茶碗
おもちゃかい?!
Imgp4891


|

« ザック修理とか | トップページ | タベヲは出国 タイメイはパタンに引越し »

カトマンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザック修理とか | トップページ | タベヲは出国 タイメイはパタンに引越し »